あなたを買う理由

キスマイと横尾渉中心にいろいろ。盲目かつ分析厨につき、アイドルに対して批判ナシ。褒めて称えてひれ伏すスタイル。

田口くん脱退に見る、自担の仕事を否定してはいけない理由

結論を先に言っておきたい。ジャニーズタレントのファンであるならば、自担に来た仕事はすべて応援すべきだ。

自担のこういう姿が見たい、こんなアイドルでいてほしい、という要望があるならば尚更、それに反する仕事であっても一度はとにかく応援し、可能な限りの購買行動をすべきなのだ。なぜなら、彼らが商品であることを辞めてしまった瞬間、私たちは買うべきものすら失ってしまうのだから。

 

時々、自担の年収について考える。デビュー組の中堅以上なら、ある程度は歩合制だろう。出演料とリリース売上の何割か、コンサートの売上。そこから宣伝費や人件費を引いて、事務所と分け、更にメンバー人数で割る。私の大好きな人は一体どれくらいの生活レベルで暮らしているのだろう。

田口くんがKAT-TUNを辞めると発表した時、私はふと、A.B.C-Zの塚ちゃんの言葉を思い出した。夏頃に見たインタビューで、塚ちゃんが「金欠の時もある」と言っていた。「家賃が数千円足りなかった」(記憶が曖昧、確か2千円ぐらいだった覚えが)と。天下のジャニーズタレントが、数千円という単位で金欠になるなんて…と、衝撃を受けたのを覚えている。

2006年、あれほど派手にデビューしたグループはSMAP以前まで遡らなければならないのではないか。世の中じゅうがKAT-TUNに沸いていた。時代を変えるようなエネルギーすら感じた。ジャニオタにとってKAT-TUNは伝説のグループだ。ついついKAT-TUNというブランドとして見てしまう。

だが、ここ数年KAT-TUNのシングルCD売上は累積でも20万枚を切っている。冠番組は24:50~の30分番組。亀梨くん1人の業績はじわじわ伸びているが、それでも最近目立ったドラマのヒットは妖怪人間ベム以来なく、グループ単位では低空飛行と言うしかない。今が低いというより、デビュー時が高すぎた。

 

ジャニーズ事務所は、売上がふるわないからといって解雇にはならない。その安定した身分を捨てるのは、相当に大きな決断だ。当然、給料について考えないわけがない。普通に考えれば、給料が下がるなら転職のブレーキになるし、上がるなら反対に後押しになるが、KAT-TUNを出て、給料が上がるなんてことがあるだろうか。恐らくないと思う。

けれどジャニーズであること、グループであることは「枷」でもある。もし収入に変化がないのであれば、転職によって安定性と引き換えに自由度は上がるだろう。そこを取るのだとすれば、転職が魅力的に思えることもあるかもしれない

彼にとって、ジャニーズ事務所から受け取る給料は、転職を思い止まる理由にはならなかったのである。

 

言うまでもないが、仕事が多ければそれだけ給料も多くなる。私たちがアイドルの仕事を気に入らなかったとき、もし仮に望んだ通りその仕事が無くなったら、その分彼らの収入は減る。そして私たち消費者が売上や評判、視聴率などという形によって、彼らの仕事を奪うことは不可能なことではないのだ。裏を返せば、購入する、評価する、見る、話題にするという消費者の行為ひとつひとつが、彼らの収入に繋がってもいる。

アイドルに、転職を考えさせないだけの収入があるだろうか?転職が頭を過ぎった時、アイドルであることが苦痛になった時、何らかの事態が起こった時、思い直し立ち上がるだけの収入が彼らにあるだろうか?それを願わないのであれば、アイドルが「辞める」と発表しても、悲しむことすらできない。

私たちは自担の仕事が気に入る気に入らない以前の問題として、彼らの収入を心配すべきだ。彼らにアイドルでい続けてもらうために、私たちに唯一できることは「金を使うこと」なのだ。

 

ジャニオタにとってKAT-TUNは伝説のグループだ。現代ジャニーズの歴史はKAT-TUNなくしては語れない。KAT-TUNがデビューの勢いのまま2~3年続いていたなら、今のSMAPも嵐もなかったのではないか。そしてKAT-TUNの栄光と失速がなければ、今のキスマイは絶対に生まれなかった。関ジャニが突出してくることもなかったかもしれない。ジャニーズJr.という市場自体、黄金期を終えると共にもっと縮小していた可能性もある。

どこかで、「あのKAT-TUN」という意識があった。4人になって、セールスで言えば相当落ちているのはわかっていたのに、私は今回の発表があるまで、どこかでKAT-TUNというブランドを信じていたのだ。

決然とした田口くんの表情を見てやっと、KAT-TUNは、私が思っていたような生温い状況にはいないのだと気が付いた。ジャニオタの中でいくら高い評価を受けていても、だから安心などと思ったら大間違いなのである。反対に、誰にいくら叩かれようが視聴率やセールス枚数は裏切らない。興業がビジネスである以上、その価値は金額で判断される。

 

ジャニーズ事務所は、ちょっとやそっとではデビューさせたタレントを解雇しない。新人も、絶頂期が過ぎて売れない者も、ずっと事務所に置いて仕事を与える。また、ジャニーズJr.からは一切レッスン料を取らずに先行投資として育成する。そのために、デビュー組は利潤を上げるという使命を持っているのだ。しかし現在、デビューしてすぐにそれほどの利潤を上げられるグループ・タレントは少ない。

デビューから10年、15年と経ってから大きな利益を生むグループに成長することもあるので、事務所はこのシステムを未だ続けている。そして現状、SMAPや嵐の出す大黒字によってこの仕組みを支えている。これにより、基本的にデビュー組が食いっぱぐれることはない。これには先行投資の意味合いだけでなく、テレビ局や業界から「ジャニーズのタレントは潰れない」という信頼を得るためでもあると思う。

結果、ジャニーズ事務所では中堅と呼ばれるグループが非常に多くなってしまった。数年前までならV6も中堅と呼ばれただろう。KAT-TUNの失速に伴いキスマイが力を付けたため、Jr.市場が想定ほど縮小しなかったことも要因だと思う。

 

中堅=嵐より下~デビュー3年以上と定義しても、タキツバ、NEWS、関ジャニKAT-TUN、ジャンプ、キスマイ、セクゾ、えびと、8グループも存在する。人数にすると43人。ソロ活動する者も含めれば更に多い。この43人のうち、2015年12月現在で31歳(嵐より下)~26歳(現在の最高齢デビュー年齢)の者は17人。山下智久という大物と並ぶこの世代にとって、あと僅かな席を取り合うことは運命付けられている。この年齢から、事務所が今以上に大きく推すということも難しくなってくるだろう。

ジャニーズにおいて現在この年代がどれほど稼げば合格ラインなのかという線引きは不明だが、ハードルを低く見積もっても、半数程度しか合格ラインに達していないのではないかと推測している。その半数も、自らにかかるコストや先行投資してもらった分を充てるだけで精一杯ではないだろうか。

中堅では採算が取れず、ベテランの売上を当てにしなければならない。そのうち例えば半数がベテランとしてやがて稼げるようになったとしても、残りの半数はこのまま売り込みを続け、トントンか微赤字のまま抱えていかなければならないのである。

 

そんな状況のなか、抱えているタレントに「辞めます」と言われたらどうだろうか?必死に引き止める?グループにはお前が必要だと言う?残念ながら現実はそこまで甘くない。

「別にいいよ。ただ残ったグループの立て直しだけ考えたいから、時間ちょうだいね。」という程度だ。

田口くんがどれほど稼げていたかを検討するつもりはない。だがジャニーズ事務所は、田口くんの退所に合意したのだ。もしも田口くんが退所されたら大損失だというタレントだったなら、事務所の対応は全く違って、かつての森くんのように必死で引き止める・退所を許さない方向なっていただろう。それを振り切って退所することと、引き止めるでもなく退所に合意するのでは全く違う。

もしも事務所から反対を受けたのなら、あんなに穏便に退所を発表することなど出来ない。事務所から裏切り者と見做され、退所した後で芸能活動をするのは絶望的だ。それを振り切らなければ退所出来ないとなれば、退所を考え直すかもしれない。気に入らない点があるならば改善に向けて交渉する余地が生まれたかもしれない。しかし事務所に退所を認められてしまったら、交渉の余地もない。

自担はジャニーズにとって重要なタレントだろうか?もし自担が退所したいと言った時、事務所は引き止めてくれるだろうか?

 

全く同じ理由で、新規ファン優遇策や新規ファンを敵視することも間違っている。ファンクラブ料金は、名簿維持費など考えれば、会報が届く・コンサートに申し込める・メールで情報が届くという特典で十分見合った料金だ。年会費4000円は、これ以上の優遇を望むほどの金額ではない。固定ファンより、ちょっと興味が沸いた新規ファンがコンサートで更に好きになってくれるほうが、これからの購買力になる。新規より古参ファンがコンサートに行くべき、と語る人もいるが、古参ファンがこれから2倍金を使うということは考えにくい。一方新規ファンは、これからいくらでも金を使う余地があるのだ。

新規ファン歓迎・自担の仕事応援。これがファンの最も重要な仕事である。

田口くんを事務所に繋ぎ止める方法が唯一ファンにあったとすれば、もっともっとファンを増やして今の何倍も金を使うことだった。しかしそれは個人の力では難しい。どうしたって事務所の「推し」は限られている。プロモーションの力が大きい。

だから自担に売れてほしい。実力があるかなんて、顔が綺麗かなんて、売れている人が本当にそんな理由で売れてるかどうかなんてわからないし、それは私たちが考えることでもない。ただ売れて欲しい。実力がなくても歌が下手でも滑舌が悪くても、推されてファンが増えて売れて欲しいのだ。それはもうどんなに実力が足りないと言われたって、その人を好きになってしまったのだからどうしようもない。(横尾担は常に新規ファンを歓迎します!!!!

 

消費者であるファンには自由がある。必ずしも大金を落として文句を言わない優良なファンでなければいけない「義務」ではない。ただ、もしネットで悪評を書き立てる悪質なファンでいることを選択するならば、それはアイドルを事務所から退所させる要因になってしまう可能性があることを念頭に置くべきだと思う。

もちろん、アイドルにそこまで肩入れすることはない。良いと思うものだけを買い、好みでなかったら「買わない」ことを選択すればいい。購買行動こそが意思表示だ。だが、採算が合わないという理由で活動が制約を受けたり、アイドルがアイドルであることに苦痛を感じることはリスクとして存在する。

そしてもともと、それがアイドルという商売だ。「俺が困らないようにお金を使ってね!」という、身も蓋もないが、ホステスの色恋営業と仕組みは同じ。高校生ならいざ知らず、少しでも経済活動に携わっている大人なら、そんなことはとっくにわかっていてアイドルを好きになるべきなのだ。大人なのだから。